k's DIARY

2011.10.31更新

昨日はウィンクあいちで日本咀嚼学会がありました。
「咀嚼」とは咬むことです。本学会は咬むことの大切さを考えるために発足しました。
1990年には「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語を紹介しています。

ひ:肥満防止
み:味覚の発達
こ:言葉の発音をはっきり
の:脳の発達
は:歯の病気予防
が:ガン予防
い:胃腸快調
ぜ:全力投球

卑弥呼の時代には一日の食事で噛む回数は約3990回だったそうですが現代では約620回だそうです。現代は食べ物が軟らかくなり、噛む回数が少なくて済むようになったので、ある程度は仕方ないともいえますが、噛む回数が少ないと、歯並びが悪くなり、虫歯や歯周病の原因にもなります。
自分自身も反省しなければと思いました。

 

今週のお花は、菊、くじゃく草、ダリア、ヒペリカム、コアラファンです。


 

投稿者: くまざわ歯科

熊沢医院 歯医者ガイド 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
オンライン予約はこちらからオンライン予約はこちらから