一般歯科・小児歯科

一般的な歯科治療であるとともに、生涯噛める歯を守る基本です。

虫歯治療など一般歯科

虫歯はならないことが一番ですが、運悪くなってしまっても、治療によって生涯噛める歯になることができます。
おやしらずや、乳歯がのこっているなど、口内のトラブルは我慢しないでご相談ください。
基本を大切に、患者さんの目線で説明をしてご理解をいただき、治療計画などを立てていきます。

定期検診と初期段階での治療

定期的な歯の健康診断を希望される方が最近増えています。
ご自身での歯磨きでは取りきれない汚れ(ついてしまった歯垢など)を、専門の器具を使っての除去、歯周病の兆候観察なども行います。
また、歯やお口の中の形に合わせた歯みがきの仕方をお伝えすることで、虫歯・歯周病のリスクをかなり減らせます。歯のお掃除後、表面のツルツル感と爽快さを、ぜひ体感してください。
この検診で、初期の虫歯などが見つかることもあります。痛くない程度の進行状態なので、一、二回で治療が終わることも多々あります。
面倒なようですが、初期段階のトラブルを見つけられるのは定期検診だけです。

根管治療のこと

特に虫歯など歯の表面だけでなく、奥の方までダメージが進んでいる場合、歯内治療を行います。
歯の中にあるいわゆる『歯の神経・歯髄』やその周辺部分に関する治療を指します。
例えば…虫歯を放っておくと、細菌などが歯の内にある歯の神経(歯髄といいます)まで入り込み、歯髄炎を起こします。
はじめのうちは、冷たいものや熱いものを飲んだり噛んだりした瞬間にしみる程度で、この時に来院いただくと歯髄を早く守り、治療は簡単に終れます。
 
でも、そのままにすると、しみる時間も長くなり、痛みに変わってきます。
多くの方が、この段階でご来院いただくようです。

それでも、何もしないと、痛みは頭痛や肩の張りを誘発します。
そして、歯の神経(歯髄)が化膿などを起こし、脈打つようにズキズキ痛む、とても大変な状態になります。こうなると、歯の神経を抜くこと、歯髄の除去(抜髄)をしなくてはなりません。

痛みに耐えて、治療をしないうちに歯髄が死ねば、痛みはなくなります。
でも、歯の内部には細菌や膿はそのまま残り、歯の根の周囲が侵され、歯の根の病気になってしまいます。
こうなると、虫歯以上の激しい痛み、あごの周囲の腫れ、炎症であごの骨の中に膿がたまり骨が侵されるなど、治療にかかる時間も苦しみも重大になります。

私の考える歯内療法は、

  • 虫歯が虫歯のうちに治療すること。
  • 進んだ状態であれば、できるだけ神経がある歯で保存すること。
  • 歯の根(歯髄)まで痛めているのであれば、周囲と体そのものを守るための治療、根管部分の治療を正確に行うこと

と考えています。

お子さまの歯科治療について

お子さまの日々の成長は目を見張るものがあり、それに伴いお口の中も劇的に
変化していきます。小児歯科医として、お子様一人一人の成長に合わせたアド
バイスをお子様やご家族の方にできたらと考え、日々診療を行っております。

歯ブラシの使い方、食生活を気にする動機づけ、フッ素の湿塗など健康な歯を守るための指導を行っています。

虫歯はもとより、最近は10代でも発症する歯肉炎の予防も行っています。
お子さまとご家族、私たちが共有できる『歯の健康へのアプローチ』を、すすめています。
お子さまに好かれるような歯医者さん…はなかなか難しいのですが(笑)、怖がられない歯医者さんを目指しています。

はいしゃさんが きらいな 子どもたちへ…

はいしゃさんって、いたそうで こわそうだよね。でもね、いたくない こわくない はいしゃさんがあるんだよ。
それはね いたくなるまえにいく はいしゃさんなんだ。
「いみないじゃん」って、おもう?
はいしゃさんの おしごとは いたいはを なおすだけじゃない。
いたくないよいはが ずっとよいはで いられるように まもるのも おしごとなんだよ。
だから、いたくなるまえ そうだね、2がつと8がつにおいでよ。
いたくないはを ぜんぶしらべて ずっといたくならないように いっしょに まもっていこうよ。

でもね ときどき ちいさなむしばのあかちゃんが できていることもあるんだよ。いたくないから きがつかなかった むしばだね。
これは、いたくないように なおすから だいじょうぶだよ。

じゃあ、いたくなるまえにおいでよね。
ずっといたくないまま、おおきくなってほしいから。

熊沢医院

歯医者ガイド