予防歯科・歯周病・口臭治療

予防は歯の健康を守る基本です。虫歯も歯周病も予防できる病気です。

予防は歯の健康を守る救世主…痛くない、症状がないときがお勧めです

来院いただく理由の一つ「歯が痛い」。
こういった症状が出る前が、実は一番大事な時なのです。
「痛くないのに?受付でなんといえばいいの?」と思われるでしょう。
お気軽に「痛くならないうちに来ました」と、おっしゃってください。
歯科の病気は、自覚症状がでてからでは遅いものがほとんどで、予防することがとても大切なのです。
「予防歯科」とはつまり、歯を健康に保つためのメンテナンスを定期的に行うことで歯周病・虫歯などの治療が必要とするものを、未然に予防するという事です。

風邪をひいても治ってしまえば、完全にもと通りになりますが、虫歯になったところはどうなっていますか?
歯は穴が開いている状態です。ただ単にその穴に金属や歯と同じ色をした材料がつまっているだけです。もとの歯の形ではありませんね。
むし歯をくり返しているうちに少しずつ自身の歯はなくなり歯科医院に通いながら最後には入れ歯に近づいてはいないでしょうか?最後まで自身の歯で過ごすためには、むし歯にならないための予防が大切です。
当院では、ブラッシング指導や生活習慣の改善をお話し、予防をするお手伝いを致します。3―6か月に一度、季節の変わり目のご来院をお勧めしています。

歯周病の基礎知識

歯周病とは、歯肉など歯の周囲の組織が、歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染して炎症を起こす病で、歯肉炎・歯周炎などの総称です。
腫れ、出血などを起こし、最終的には歯が抜けてしまいます。
初期段階では自覚症状がほとんどなく、気付かないうちに進行していくので、日本人の成人の約80%がこの歯周病にかかっているといわれています。

自覚症状のない怖さ

気が付いたときにはすでにかかっている歯周病。
でも、こんな様子に気が付いたらすぐにご相談を!ご自分のお口の中の観察と歯科医師とへの相談が最高の予防です。

歯磨きなどで歯茎から血が出る
歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
口臭が気になると言われた
歯が動くような感じがする(グラグラする)
朝起きた時など口の中がネバネバする
歯と歯の間の隙間が気になる(食べ物がよく挟まる)
歯茎(歯肉)が赤くなっている(腫れ)
歯茎(歯肉)に違和感がある(むずむずする)
歯茎が赤~紫色に見える部分がある
糖尿病に掛かっている
硬い物を噛むと痛い、または噛めない

歯周病を放っておくことのリスク

状態や体質にもよりますが、治療をしなければ改善はされません。

口臭の悪化
歯が抜ける
歯周病菌が、あごの血管を通り体内に入ることで、他の病気のリスクを上げるなど、数えればきりがありません。

歯周病予防は毎日の生活から

毎日の生活で、免疫力をあげることは、歯周病を防ぐ大きな力になります。
お口の中の免疫力は全身の免疫力と連動しています。
風邪や成人病などで体の抵抗力が落ちると、口の中の免疫力も落ち、歯周病や口内炎などにもかかりやすくなります。
反対に、歯周病にかかると、体の免疫力も落ち全身の病気にかかったり、症状が悪化する事がみられます。
歯周病予防には、規則ただしい生活が欠かせません。
とはいえ、早寝早起きでは歯垢は落ちません。歯科医との連係プレーで大事な歯を守りましょう。

お子さまにも予防習慣を

成長期の子どもが歯周病!?と思われるかも知れませんが、食生活の変化により、10代の歯周病が増えていることは確かです。
お子さまのお口の中の健康は、保護者の責任です…というと少し厳しいようですが、やはり大人の目が大切です。
小学生までは『歯みがきチェック・仕上げ磨き』を、習慣化することで様々なお口のトラブルをかなり減らせます。

口臭のキーポイントは唾液

口臭は誰にでもあります。
生理的な口臭は起床時・空腹時・緊張時・ストレスを感じた時などに発生し、唾液の分泌が減ると細菌が増殖してしまうのです。口臭対策のキーポイントは唾液の量だとも言えます。

朝食など食事を抜くことは口臭を強めます。よくかんで食べる事で唾液は増えます。さらにストレスを貯めない生活を心がけて、常に唾液が多く出る努力をすれば口臭は改善されるでしょう。

当院では口臭測定機で口臭を計測し、口臭の有無を客観的に確認します。口臭がある場合は原因を究明し治療を行います。
また、トレーニング方法もお伝えしていますので、口臭が気になる方はご相談下さい。

口臭は、歯周病だけでなくあなたの健康状態を報告しています

口臭はご自身ではわかりにくいものですが、唯一、周りから教えてもらえる『病の兆候』です。
ご家族など周囲の方からの『一言』があったときは、悩まずにご来院ください。
口臭はあなたの健康状態を報告しています。
お口の中のトラブルではなく、内科など別の病気の兆候かもしれません。
当院では、ご希望があれば熊沢内科との連携もできます。口臭というサインを無視せずに健康を守りましょう。

熊沢医院

歯医者ガイド