顎関節症・噛み合わせ

お口の中から生まれるトラブルは、目に見えないものばかりです。
歯科医師と内科医師の専門的な連携で、これらに対応できるくまざわ歯科です。

噛み合わせ調整は大切な歯科治療です。

虫歯など歯の治療の仕上げには、噛み合わせの調整が欠かせません。
噛む位置や力のバランス、あごからの力の伝わり方、患者さん自身の感じ方(違和感の有無)など、ポイントはいくつもあります。
生涯噛める健康な歯は、ただしく噛める歯でもあるのです。

  • どちらか片方で噛むことが多く感じる
  • 最近あごが痛い
  • 噛むときに歯が当たる気がする
  • 歯並びが気になる

など、気が付かれることがあれば、お気軽にご相談ください。矯正などが必要な場合も含め、ご紹介など対応させて頂いています。

気になっていませんか?顎関節症

顎関節症は早期の治療が大切です。
放っておくと口が開かなくなる、頭痛や肩こりの原因になるなど様々な慢性疾患を引き起こす原因になります。
自己判断をせず、きちんとした診断と治療を受けることをお勧めしています。

感じたことはありませんか?自覚症状

1顎を動かすとズキッと痛い
耳の前あたりは痛くありませんか?その他に、顔の側面から頭まで痛み、頭痛と感じる方もいます。
顔以外では肩こりや腰痛、手や指のしびれを伴う場合もあります。

2顎を開けるとカクカク音がする
口をあけるとカクカクとなる方がいます。痛みが無い場合は問題はありませんが、次第に音が大きく響くようになったり「ギシギシ」という鈍い音が出る場合は顎関節症の可能性があります。

3口を大きく開けることができない
顎を動かすだけで痛みがあるので、無意識のうちに周囲の筋肉も顎を動かさないように押さえてしまい、口が開きにくくなります。

4急に噛み合わせが変化した気がする
関節や筋肉に問題があると、それらが動かしている顎の動きを変えるので、噛み合せた時の歯の触れる位置も変わります。
※これらの症状がある場合は、顎関節症の疑いを視野にいれています。

睡眠時無呼吸症候群~あなたの睡眠と健康の関係

“睡眠時無呼吸症候群(SAS)”とは、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。
症状は、イビキ、起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などです。
睡眠中に無呼吸が起こるのは、上気道(空気の通り道)が塞がるためです。
原因の多くは「肥満」ですが、顎が小さい、口の中の広さに対して舌が大きいなども方も注意が必要です。
高血圧や脳卒中などの合併症を引き起こす危険もあり、睡眠が十分に取れていないことから交通事故などの一因となってしまうという例もあります。
当院では、スリープスプリントという顎関節症治療用マウスピースを使用します。これは、寝ている間に下顎や舌が沈みこみ上気道を塞いでしまわないための方法です。
当院では、熊沢医院と提携し多面的な治療が必要な患者様の状態にあった治療を行っております。

熊沢医院

歯医者ガイド